トレチノインと合わせて使うと良い薬もあります

トレチノインは美容系クリニックで処方される、外用薬の1つであり、ビタミンAを誘導体化した、ビタミンA誘導体という成分で構成されています。ビタミンAは肌への浸透性が低く、肌に塗ってもあまり効果を発揮しません。
一方、誘導体化すると肌の1番奥深くにある、基底層という部分にまで浸透します。しかもビタミンAよりもビタミンA誘導体となる事で、効果は200倍にもアップすると言われているのです。よりビタミンAの美肌効果を得るなら、ビタミンA誘導体であるトレチノインがおすすめです。
気になるトレチノインの効能ですが、シミや小じわ、ニキビの改善などが挙げられます。トレチノインは肌の新陳代謝を活発にし、肌細胞をどんどん作りだす効果を発揮します。この効果によってメラニン色素が沈着した肌細胞が、スムーズに古い角質として排出されるので、シミを薄くする効果が期待出来るのです。
また、コラーゲンの生成量がアップし、肌にハリと弾力が戻る事で小じわを軽減します。肌にハリと弾力が戻った女性 トレチノインは皮脂の分泌をコントロールする働きもあり、皮脂分泌が過剰で起こるニキビの改善にも有効です。
トレチノイン単体でも優れた効果を発揮しますが、シミに対してより効果を得たいという場合、ハイドロキノンという外用薬と併用する方法がおすすめです。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われる程、美白効果に高い効果を持つ成分です。高い還元作用がありメラニン色素自体を薄くします。
メラニン色素を薄くするだけでなく、メラニン色素を作り難くする効果がある点も、ハイドロキノンが肌の漂白剤と言われる程、美白効果に優れている理由です。
頑固なシミは美白化粧品では、なかなか薄くする事が出来ません。ずっとシミに悩んでいるという方は、トレチノインとハイドロキノン、この2つの外用薬を合わせてシミ治療を行ってみてはいかがでしょう。