トレチノインとシミの研究について

シミは、様々な原因によって発生します。紫外線の影響でシミができる人が多いのですが、その他の原因でシミができるケースもあります。紫外線を浴びると、基底層にあるメラノサイトがメラニンを生成して肌を守ろうとします。メラニン色素が生成されても、ターンオーバーによって排出されればシミが残ることはありません。
しかし、何らかの原因によってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素が肌に残ってシミとなってしまうのです。肝機能の低下も、シミの原因になります。また、病気で手術をした後など、体力が落ちている時も、シミができやすいです。研究のイメージ画像現在、様々なメーカーがシミの研究を行い、優れた美白化粧品が販売されています。できてしまったシミを消したい場合、専門クリニックで外用薬を処方してもらう人が多いです。
クリニックでは、トレチノインやハイドロキノンなどの外用薬を処方していますが、このトレチノインにはピーリング作用があり、シミだけでなくニキビの治療にも使われています。表皮の細胞を分裂させ増やすので、肌の再生も促されます。
また、皮脂の分泌を抑えるので、肌のオイルコントロールもできます。最近は、ハイドロキノンと一緒に使われることも多いです。
シミを予防するためにはシミの予備軍をなくす必要がありますが、それには美白化粧品などを使ってメラニンの生成を抑えることも大事ですが、毎日の食生活も大事です。
良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルを不足しないように摂取することは、美しい肌を維持するために必要です。ストレスもシミの原因になるので、なるべくストレスを溜めないようにして、睡眠を十分に取り、疲れを翌日に持ち越さないことが大切です。