トレチノインだけでなく豆腐のような大豆製品を

トレチノインという成分を聞いたことのある人もいるかもしれません。このトレチノインはニキビやシミなどの治療に効果的とされており、主にクリニックなどで使用されています。
ビタミンA誘導体の1種であり、肌につけるとターンオーバーを促進する効果が期待できます。ちなみに、トレチノインはさまざまな肌トラブルに高い効果を期待できる成分なのですが、肌が生まれ変わるまでの間は古い肌を全て剥がすことになるため、治療中はしっかりと肌を守ることが大切です。
トレチノインをつけると顔に赤みが出て軽く炎症した状態になることもあります。これは古い肌が剥がれ落ちたことで炎症が起き、新しい肌を作るためにたくさんの毛細血管が生まれたということになります。トレチノインは人間の血液の中にも含まれている成分であり、アレルギーなどの副作用が起きにくいというメリットがあります。
豆腐 また、豆腐というのは大豆を水に浸して柔らかくしてすりつぶし、絞り汁の豆乳を固めて作っており、木綿豆腐と絹ごし豆腐という二つの種類に分けられます。この2つの豆腐は柔らかさに違いがありますが、含まれている栄養素も異なっています。木綿豆腐は水分を絞るために栄養分が圧縮されていることが特徴です。絹ごしと比較してたんぱく質や脂質を多く含んでいることはもちろん、カルシウムや鉄分、食物繊維、ビタミンEなども多くなっています。特にカルシウムは絹ごし豆腐の約3倍、ビタミンEは約2倍も含まれているのですが、水分と一緒にビタミンB1やビタミンB2、カリウムなどは流れ出てしまいます。絹ごし豆腐は豆乳をそのまま固めているため、木綿と比較してビタミンB1やビタミンB2、カリウムなどが多くなっています。
このように美容に関してはトレチノイン配合の化粧品ばかりに頼るのではなく、豆腐のような健康的な食材も積極的に摂取していきましょう。