クリニックでトレチノインを使用しシミをデトックス

シミ治療にトレチノインという薬剤が注目されていますが、なぜシミ治療に効果的なのでしょうか。簡単にそのメカニズムを説明してみましょう。
まずお肌の特徴として肌細胞が周期的に入れ替わっているということを理解する必要があります。肌細胞のイメージ
肌の表皮の細胞は多層になっており、この表皮の一番深い層(基底層)で新しい細胞が生まれ、徐々に表面に押し上げられていきます。
そしてだんだんこの細胞も古くなっていき、「角質」というものになります。この角質は最後には垢になって皮膚からはがれます。このお肌の表皮細胞の一生のサイクルをターンオーバーと言います。約4週間程度で細胞が入れ替わるわけです。
多くのシミは表皮の基底層周辺にメラニン色素として存在しています。このメラニン色素を外に出す(デトックス)ことができれば、シミは消えるはずです。トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素をデトックスする働きを持っているのです。そのメカニズムは簡単です。トレチノインは表皮の細胞をどんどん増やす働きをしますが、そうすると基底層の細胞がどんどん増えていきます。基底層の細胞といっしょにあるメラニン色素をともなって、皮膚の表面までどんどん押し上げられていき、わずか2~4週間でメラニン色素は外に出てしまいます。
ですが新しい細胞ができていくときにメラニンも作られては意味がなくなります。そこで通常、クリニックでは、単にトレチノインをぬるだけでなく、強い漂白剤である「ハイドロキノン」というものを使用して基底層に新しいメラニンを作らせなくしておきます。結果的に、表皮はメラニン色素が少ない新しい皮膚に置き換えられ、シミは消失するということになります。